FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
ピーマン
IMG_0421.jpg


今日の野菜は、ピーマンです。


無農薬・無肥料の自然農法(自然栽培)で育てている固定種の果菜類です。



IMG_0417.jpg


ピーマンは、無農薬・無肥料の特徴が最も出る野菜の一つです。


パプリカのように、生のサラダで食べられるし、ほのかな甘みさえ感じることができます。



IMG_0414.jpg


しかも、食べ物の中で最もビタミンCが豊富であり、


緑のピーマンが熟した赤ピーマンや黄ピーマンは、レモンより含有量が1.5倍以上あります。



IMG_0413.jpg


緑のピーマンでさえ、モロヘイヤよりもビタミンCが豊富です。



IMG_0411.jpg


したがって、無農薬・無肥料のピーマンであれば生のサラダで食べられるので、


加熱することによりビタミンCを破壊せずに、そのまま吸収することができます。



IMG_0409.jpg


苦味がなく、ほのかな甘みさえあるので、このピーマンなら嫌いな子供も食べられるに違いありません。


一般的なピーマンのあの苦味やエグ味は、農薬や化学肥料、有機肥料の入れ過ぎなどが原因になっていると思います。



IMG_0408.jpg


自然本来の摂理とリズムによって育ったピーマンは、本物の野菜はどんな味がするのかを教えてくれます。


IMG_0406.jpg
スポンサーサイト

テーマ : オーガニック、菜食、マクロビ
ジャンル : グルメ

大浦ゴボウ
IMG_0184.jpg


今日の野菜は、大浦ゴボウです。


無農薬・無肥料の自然農法(自然栽培)で育てている固定種の根菜類です。



IMG_0183.jpg


夏も盛りになり、ゴボウの葉っぱもだいぶ大きくなってきました。


今年は昨年より生長も良く、数量の多く収穫できると思います。



IMG_0185.jpg


最近は炎天下で、八ヶ岳高原も35度以上の猛暑日が少なくなく、


おかげで高温を好むナスやオクラなどの栽培にとっては都合がいいのですが、


地球温暖化が進んでいることを当地でも感じています。


今年からは、秋野菜の種蒔きは、少し遅い時期にずらしていったほうがいいのかもしれません。


IMG_0186.jpg



・八ヶ岳ナチュラルファーム☘無農薬・無肥料の自然農法(自然栽培)で育てた固定種野菜の宅配・通販(販売ページはPCビュー画面左上のカテゴリ「野菜セットのご注文」参照」)

テーマ : オーガニック、菜食、マクロビ
ジャンル : グルメ

キャベツ
IMG_0083.jpg


今日の野菜は、キャベツです。


無農薬・無肥料の自然農法(自然栽培)で育てている固定種の葉菜類です。



IMG_0099.jpg


キャベツも収穫できるまでに育ってきました。


しかし、多くの苗はモンシロチョウなどの青虫にやられてしまったので、収量は少なくなる見込みです。



IMG_0101.jpg


無肥料であるにもかかわらず、マルチを敷くことによって、おそらく苗に十分すぎる養分が行き届いてしまい、


それが青虫を誘って、葉っぱを食べられてしまったのだと思います。



IMG_0085.jpg


したがって、今後はマルチを敷かないで作ってみようと思いますが、


そうするとキャベツの苗周りの除草だけでとんでもなく時間と手間がかかってしまうので、


キャベツの育苗は初めから少量にする予定です。



IMG_0098.jpg


また、キャベツは玉が大きいので、LセットやMセットのダンボール箱には入りますが、Sセット以下のダンボールからははみ出してしまうので、


リクエストがない限りは基本的にM以上の野菜セットに入れようと思います。



キャベツは、葉物の中で日本人に最も食べられている野菜ですが、


無農薬・無肥料・固定種を作るのには、葉物の中で最も栽培が難しい部類に入るものの、


少量ですが収穫できるているので満足しています。



・八ヶ岳ナチュラルファーム☘無農薬・無肥料の自然農法(自然栽培)で育てた固定種野菜の宅配・通販(販売ページはPCビュー画面左上のカテゴリ「野菜セットのご注文」参照」)

テーマ : オーガニック、菜食、マクロビ
ジャンル : グルメ

ジャガイモ
IMG_0155.jpg


今日の野菜は、ジャガイモです。


無農薬・無肥料の自然農法(自然栽培)で育てた固定種のイモ類です。



IMG_0161.jpg


写真の品種はキタアカリであり、メークインも作っていますが、まずはキタアカリから収穫・出荷しています。


キタアカリは、男爵と同じように熱を入れると崩れやすい性質があるので、ポテトサラダやコロッケなどに向いていると言われますが、


実際は、加減を見ながら、汁物に入れたり、煮物にしたりしてもいいと思います。



IMG_0159.jpg


昨年までは男爵とキタアカリの両方を作っていましたが、両者の性質は似通っており、


キタアカリは男爵と比べて、より旨みが強く、色合いもより濃いので、


今年からキタアカリ一本に絞って栽培しています。



IMG_0150.jpg


今年のキタアカリは、昨年よりサイズが大きく、出来が良いです。


栽培中についても、昨年は毎日のように害虫であるニジュウヤホシテントウムシを取り除いていましたが、


驚くことに今年は一回もそのような害虫の駆除作業はしていません。



IMG_0152.jpg


それはつまり、害虫を寄せ付けないほどに、ジャガイモの苗が健康で元気に育っていたということです。


マルチを敷いたということもあるでしょうが、無肥料栽培を続けていることで、


土壌をはじめとした周りの自然環境も年々改善されてきているのだろうと思います。


IMG_0151.jpg



・八ヶ岳ナチュラルファーム☘無農薬・無肥料の自然農法(自然栽培)で育てた固定種野菜の宅配・通販(販売ページはPCビュー画面左上のカテゴリ「野菜セットのご注文」参照」)

テーマ : オーガニック、菜食、マクロビ
ジャンル : グルメ

サニーレタス
IMG_0119.jpg


今日の野菜は、サニーレタスです。


無農薬・無肥料の自然農法(自然栽培)で育てている固定種の葉菜類です。



IMG_0114.jpg


サニーレタスも、もう塔が立ってきているので収穫・出荷は終わりですが、


グリーン・リーフレタスと同様、八ヶ岳高原では出来の良いものを作ることができるので、


今秋にもまた作ってみようかと考えています。



IMG_0112.jpg


ただ、八ヶ岳ナチュラルファームの畑があるところは標高が高いので、


秋には急速に気温が下がり、収穫・出荷できるまで大きくならずに冬を迎えて終わってしまうかもしれません。



IMG_0115.jpg


サニーレタスは、スーパーでも普通に常時並べられており、それに対してグリーン・リーフレタスはあまり並んでいないので、


後者の方が希少価値が高いように思うかもしれませんが、栄養価的に両者はほとんど同じであり、


ただサニーレタスの方が葉っぱに紫色の部分があり、それはアントシアニンというポリフェノールなので、


その分の抗酸化作用があるという違いがあるくらいでしょう。



IMG_0118.jpg


そして、最も栄養価が低いのが、最も一般的に売られている結球型の玉レタスです。


しかし、栄養価が低いゆえに八ヶ岳ナチュラルファームでは、玉レタスを作っていないし、今後も作る予定はありません。


また、玉レタスのほとんどはF1種であるという理由もあります。



IMG_0116.jpg


個人的には、緑色から紫色のグラデーションが入っている、このサニーレタスが一番の好みです。


IMG_0124.jpg



・八ヶ岳ナチュラルファーム☘無農薬・無肥料の自然農法(自然栽培)で育てた固定種野菜の宅配・通販(販売ページはPCビュー画面左上のカテゴリ「野菜セットのご注文」参照」)

テーマ : オーガニック、菜食、マクロビ
ジャンル : グルメ

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

八ヶ岳ナチュラルファーム

Author:八ヶ岳ナチュラルファーム
☘八ヶ岳ナチュラルファームは、無農薬・無肥料の自然農法(自然栽培)による固定種の野菜を作っています。


☘当ファームは、日本列島のほぼ真ん中あたりに位置する八ヶ岳連峰の南麓高原にあり、豊かな自然に恵まれた環境で農業を営んでいます。


☘自然農法の野菜は、無農薬・無肥料で作物を育てることによって、農薬や化学肥料・有機肥料に含まれ得る有害物質を取り込まないので、有機オーガニック野菜や通常の無農薬野菜よりも更に安全・安心です。


☘また、あえて無肥料とすることで、もともと畑の土や空気中に含まれている天然の養分・微生物・常在菌の働きや、作物自体が持つ生命力を最大限に引き出すことによって、自然本来のエネルギーに満ちた、苦味やエグ味のない滋味豊かな野菜を作っています。


☘さらに、通常の自然栽培と異なり、トラクターのような大型機械で畑を耕運しないことで、できるだけ土壌の生態系を保全したり、キュウリ・インゲン等つる野菜用の使い捨てプラスチックネットを使わないなど、より自然に優しく環境に負荷をかけない栽培を心がけています。


☘なお、当ファームの野菜は、その種子を蒔いて育てても次世代に同じ色形の子孫を残せないF1種(交配種)ではなく、全て固定種・在来種を採用しており、日本全国や世界各地の伝統品種・ブランド野菜を厳選して、栽培しています。


☘八ヶ岳ナチュラルファームは、以上の農法を採用することによって、自然や生き物たちと調和・共生するような農業に取り組んでいます。