FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
ナス
IMG_7128.jpg


今日の野菜は、ナスです。


無農薬・無肥料の自然農法で育てている固定種の果菜類です。



IMG_7132.jpg


ナスも市場に出ている品種はほぼ全てF1種ですが、八ヶ岳ナチュラルファームのナスは固定種です。


固定種はF1種より生育に時間がかかる上に、ナスは果菜類で最も高温かつ養分を必要とする野菜の一つなので、


無肥料・固定種の栽培では、トマトやピーマンよりよほど難しいのが、このナスです。



IMG_7125.jpg


しかし、これまでの露地栽培ではなく、今年はハウスで育苗しており、マルチも使用する予定なので、


写真の通り、まだまだ苗は小さいですが、なんとか収穫までこぎつけたいと考えています。



IMG_7124.jpg


紫色の表皮はアントシアニンというポリフェノールであり、確かに抗酸化作用はあるものの、


同じナス科でもトマトやピーマンと比べれば、実際のところ栄養素は全く大したことないのがナスです。



IMG_7121.jpg


しかし、特に油を使う料理との相性は抜群であり、個人的にも好きな野菜の一つなので、


既に苗は多くできているので、うまく育てていきたいと思います。


IMG_7120.jpg


✨野菜と自然に愛と感謝✨



IMG_7119.jpg


・八ヶ岳ナチュラルファーム☘無農薬・無肥料の自然農法で育てた固定種野菜の宅配・通販(販売ページはPCビュー画面左上のカテゴリ「野菜セットのご注文」参照」)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : オーガニック、菜食、マクロビ
ジャンル : グルメ

ピーマン
IMG_7114.jpg


今日の野菜は、ピーマンです。


無農薬・無肥料の自然農法で育てている固定種の果菜類です。



IMG_7113.jpg


ピーマンは、昨年まで畑の露地に種蒔きし、そこから苗を育てていましたが、


今年からはハウス内で育苗しており、現在の苗の様子は写真の通りです。



IMG_7112.jpg


肥料を使っているピーマンは、八ヶ岳高原でも既に定植し終わっていると思いますが、


無肥料で栽培する場合は、特に果菜類のナスやピーマンは生長には時間がかかり、まだまだ苗は小さいです。



IMG_7111.jpg


しかし、昨年と比べるならば、とても多くの苗が育っているので、今年はより多くのピーマンを宅配に含めることができると思います。


無肥料のピーマンは苦味がほとんどないので、あの味が嫌いな子供でも食べやすいと思います。


自分でも、もともと幼少時からピーマンは正直なところ好きではありませんでしたが、


無肥料のピーマンを食べてみて、これまでのイメージが変わりました。



IMG_7110.jpg


ネギやタマネギなどと同じく、ピーマンについても、あの独特の苦味は農薬や化学肥料などから来ているところが大きいという気がしますが、


無肥料のピーマンは、むしろパプリカに近い食味だと思います。


ちなみに、パプリカという野菜はF1種しかないので、固定種専門の八ヶ岳ナチュラルファームでは作っておらず、今後も栽培する予定はありません。



IMG_7102.jpg


なお、もともと緑のピーマンは未熟果であり、つまりまだ熟していない時点で収穫しているものなので、


青臭さというのがあるのは、ある意味当然なのかもしれません。



ピーマンが熟すと色が緑から赤くなりますが、赤いピーマンの方が熟した分だけ、より栄養価も高くなります。


野菜の中でビタミンCが最も多いのは、赤いピーマンです。それは、レモンの含有量さえ凌ぎます。



また、緑色のピーマンであっても、ブロッコリーやキャベツなどよりはビタミンCを多く含みます。


さらに、緑ピーマンより多くビタミンCを含むのが、ケールです(赤ピーマンには及びませんが。)。



いずれにせよ、今年はピーマンを多く作りたいと思っています。


✨野菜と自然に愛と感謝✨



・八ヶ岳ナチュラルファーム☘無農薬・無肥料の自然農法で育てた固定種野菜の宅配・通販(販売ページはPCビュー画面左上のカテゴリ「野菜セットのご注文」参照」)
関連記事

テーマ : オーガニック、菜食、マクロビ
ジャンル : グルメ

紫水菜
IMG_7052.jpg


今日の野菜は、紫水菜です。


無農薬・無肥料の自然農法で育てている固定種の葉菜類です。



IMG_7051.jpg


昨年作っていた紫水菜は、葉っぱが紫色、茎が緑色をしていましたが、辛味が強い品種だったので、


写真の通り、今年は葉っぱが緑色、茎が紫色をしている品種を育てており、これも固定種になります。


緑色と紫色のコントラストが良いので、サラダなどの料理に映えるのではないかと思います。



IMG_7053.jpg


畑では、水菜の他に、小松菜、ダイコン、カブ菜、ラディッシュといった葉物や根菜が収穫期を迎えており、


これら野菜は梅雨が明けるまで出荷できそうです。



IMG_7054.jpg


梅雨が明けると、八ヶ岳高原も一気に暑くなるので、葉物等の季節は終わり、


ジャガイモやズッキーニ、トマトやキュウリなどの夏野菜が獲れるようになってきます。



他方で、夏野菜のうちでも特に養分や高温を必要とするナスやピーマンは、まだ収穫までに時間がかかりそうです。


毎年自家採種を繰り返しているインゲンは、今年も順調に育っています。


✨野菜と自然に愛と感謝✨



・八ヶ岳ナチュラルファーム☘無農薬・無肥料の自然農法で育てた固定種野菜の宅配・通販(販売ページはPCビュー画面左上のカテゴリ「野菜セットのご注文」参照」)
関連記事

テーマ : オーガニック、菜食、マクロビ
ジャンル : グルメ

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

八ヶ岳ナチュラルファーム

Author:八ヶ岳ナチュラルファーム
☘八ヶ岳ナチュラルファームは、無農薬・無肥料の自然農法(自然栽培)による固定種の野菜を作っています。


☘当ファームは、日本列島のほぼ真ん中あたりに位置する八ヶ岳連峰の南麓高原にあり、豊かな自然に恵まれた環境で農業を営んでいます。


☘自然農法の野菜は、無農薬・無肥料で作物を育てることによって、農薬や化学肥料・有機肥料に含まれ得る有害物質を取り込まないので、有機オーガニック野菜や通常の無農薬野菜よりも更に安全・安心です。


☘また、あえて無肥料とすることで、もともと畑の土や空気中に含まれている天然の養分・微生物・常在菌の働きや、作物自体が持つ生命力を最大限に引き出すことによって、自然本来のエネルギーに満ちた、苦味やエグ味のない滋味豊かな野菜を作っています。


☘さらに、通常の自然栽培と異なり、トラクターのような大型機械で畑を耕運しないことで、できるだけ土壌の生態系を保全したり、キュウリ・インゲン等つる野菜用の使い捨てプラスチックネットを使わないなど、より自然に優しく環境に負荷をかけない栽培を心がけています。


☘なお、当ファームの野菜は、その種子を蒔いて育てても次世代に同じ色形の子孫を残せないF1種(交配種)ではなく、全て固定種・在来種を採用しており、日本全国や世界各地の伝統品種・ブランド野菜を厳選して、栽培しています。


☘八ヶ岳ナチュラルファームは、以上の農法を採用することによって、自然や生き物たちと調和・共生するような農業に取り組んでいます。