FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
レタス
IMG_7067.jpg


今日の野菜は、レタスです。


無農薬・無肥料の自然農法で育てている固定種の葉菜類です。



IMG_7166.jpg


八ヶ岳ナチュラルファームで育てているレタスは、全てリーフレタスであり、


一般にスーパーなどで売られている結球している玉レタスは作っていません。



IMG_7168.jpg


それはなぜなら、リーフレタスの方が玉レタスよりも栄養価が高いからであり、


また見た目もリーフレタスには様々な形状や色彩があって、サラダなどにする時により面白味が出るからです。



IMG_7169.jpg


ただ、秋から冬にかけては、日が短すぎて無肥料ではレタスの生育は間に合わずに氷点下の冬を迎えてしまうため、


当ファームでは一年のうち、レタスの栽培は春から夏前までの限定となっています。



IMG_7065.jpg


最も多く栽培しているのは、グリーン・リーフレタスとサニーレタスですが、


今回投稿している写真は、それ以外の極少量だけ作っている品種のレタスであり、


フリルレタス、ロメインレタス、紫レタスなどなどです。


これら品種も、もちろん玉レタスより栄養価が高いものばかりです。



IMG_7063.jpg


今年、野菜を作っていて気づくのは、害虫が少ないということです。


昨年までは、特にアブラナ科の葉物や根菜、小松菜やカブ、水菜などを春先に作っていると、


アブラムシではない黒い羽虫によく葉を食われていたのですが、今年はそのような羽虫が見当たりません。



IMG_7064.jpg


また、ジャガイモにも害虫のニジュウヤホシテントウムシがほとんど付いていません。


昨年までは、この時期は毎日のようにニジュウヤホシをジャガイモの葉っぱから取り除いていたのですが、


今年はそのような作業をせずに済んでいます。



これが肥料をやりながら作っていると、アブラムシなどに葉を瞬く間に食われて散りじりになってしまったりします。


当ファームの畑の土がより良くなってきたのか、あるいは周りに化学肥料や有機肥料を使って野菜を作っている農家がほとんどいなくなってきたからなのか、


原因はまだよく分からないのですが、いずれにせよ有り難いことです。


✨野菜と自然に愛と感謝✨



・八ヶ岳ナチュラルファーム☘無農薬・無肥料の自然農法で育てた固定種野菜の宅配・通販(販売ページはPCビュー画面左上のカテゴリ「野菜セットのご注文」参照」)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーガニック、菜食、マクロビ
ジャンル : グルメ

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

八ヶ岳ナチュラルファーム

Author:八ヶ岳ナチュラルファーム
☘八ヶ岳ナチュラルファームは、無農薬・無肥料の自然農法(自然栽培)による固定種の野菜を作っています。


☘当ファームは、日本列島のほぼ真ん中あたりに位置する八ヶ岳連峰の南麓高原にあり、豊かな自然に恵まれた環境で農業を営んでいます。


☘自然農法の野菜は、無農薬・無肥料で作物を育てることによって、農薬や化学肥料・有機肥料に含まれ得る有害物質を取り込まないので、有機オーガニック野菜や通常の無農薬野菜よりも更に安全・安心です。


☘また、あえて無肥料とすることで、もともと畑の土や空気中に含まれている天然の養分・微生物・常在菌の働きや、作物自体が持つ生命力を最大限に引き出すことによって、自然本来のエネルギーに満ちた、苦味やエグ味のない滋味豊かな野菜を作っています。


☘さらに、通常の自然栽培と異なり、トラクターのような大型機械で畑を耕運しないことで、できるだけ土壌の生態系を保全したり、キュウリ・インゲン等つる野菜用の使い捨てプラスチックネットを使わないなど、より自然に優しく環境に負荷をかけない栽培を心がけています。


☘なお、当ファームの野菜は、その種子を蒔いて育てても次世代に同じ色形の子孫を残せないF1種(交配種)ではなく、全て固定種・在来種を採用しており、日本全国や世界各地の伝統品種・ブランド野菜を厳選して、栽培しています。


☘八ヶ岳ナチュラルファームは、以上の農法を採用することによって、自然や生き物たちと調和・共生するような農業に取り組んでいます。