FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/07
<<06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  08>>
グリーン・リーフレタス
IMG_7338.jpg


今日の野菜は、グリーン・リーフレタスです。


無農薬・無肥料の自然農法で育てている固定種の葉菜類です。



IMG_7337.jpg


グリーン・リーフレタスも、写真の通り、見事に綺麗な形状に育ってきてくれました。


無農薬・無肥料で栽培しているにも関わらず、鮮やかな緑色に健康的に育ってエネルギーに満ちている感じが伝わってきます。



IMG_7336.jpg


やはり八ヶ岳山麓はレタスの特産地であり、葉物野菜の中でも特に出来の良いものが育つような気がします。


ただ夏場になると、標高1000メートルもある八ヶ岳高原でも、暑さでレタスなど葉物野菜は育たなくなるので、


レタスを収穫・出荷できるのは、7月中までとなるのではないかと思います。



IMG_7335.jpg


レタスのうち、まずはグリーン・リーフレタス、それからサニーレタスが順に収穫できてくる予定です。


葉物野菜のうち、レタスが最も暑さに弱く、その次に小松菜、水菜など、


最後にキャベツ、ケールなどが最後まで暑さに持ちこたえることができます。



IMG_7333.jpg


その後は、トマト・キュウリなどの夏野菜ができてきますが、これらも順調に育ってきています。


枝豆・インゲンなどの豆類も健康的に大きくなってきています。



IMG_7334.jpg


根菜のダイコンや小カブは、小松菜や水菜と同じ時期くらいまで採れますが、


それ以降の夏の暑い時期には発芽・生長しなくなります。



IMG_7332.jpg


イモ類では、そろそろジャガイモが収穫できる時期に近づいています。


サツマイモは、昨年までは関東で主流のベニアズマを少量のみ作っていましたが、


今年は関西で主流のベニハルカを作っています。



IMG_7331.jpg


ベニアズマはホクホクした食感なのに対して、ベニハルカはしっとりした食感であり、


最近はやりのねっとり系の品種になり、個人的にもそちらの方が好みなので、


今年はベニハルカを育てており、去年より元気よく育ってくれています。


IMG_7329.jpg


✨野菜と自然に愛と感謝✨


IMG_7330.jpg



・八ヶ岳ナチュラルファーム☘無農薬・無肥料の自然農法で育てた固定種野菜の宅配・通販(販売ページはPCビュー画面左上のカテゴリ「野菜セットのご注文」参照」)
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : オーガニック、菜食、マクロビ
ジャンル : グルメ

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

八ヶ岳ナチュラルファーム

Author:八ヶ岳ナチュラルファーム
☘八ヶ岳ナチュラルファームは、無農薬・無肥料の自然農法(自然栽培)による固定種の野菜を作っています。


☘当ファームは、日本列島のほぼ真ん中あたりに位置する八ヶ岳連峰の南麓高原にあり、豊かな自然に恵まれた環境で農業を営んでいます。


☘自然農法の野菜は、無農薬・無肥料で作物を育てることによって、農薬や化学肥料・有機肥料に含まれ得る有害物質を取り込まないので、有機オーガニック野菜や通常の無農薬野菜よりも更に安全・安心です。


☘また、あえて無肥料とすることで、もともと畑の土や空気中に含まれている天然の養分・微生物・常在菌の働きや、作物自体が持つ生命力を最大限に引き出すことによって、自然本来のエネルギーに満ちた、苦味やエグ味のない滋味豊かな野菜を作っています。


☘さらに、通常の自然栽培と異なり、トラクターのような大型機械で畑を耕運しないことで、できるだけ土壌の生態系を保全したり、キュウリ・インゲン等つる野菜用の使い捨てプラスチックネットを使わないなど、より自然に優しく環境に負荷をかけない栽培を心がけています。


☘なお、当ファームの野菜は、その種子を蒔いて育てても次世代に同じ色形の子孫を残せないF1種(交配種)ではなく、全て固定種・在来種を採用しており、日本全国や世界各地の伝統品種・ブランド野菜を厳選して、栽培しています。


☘八ヶ岳ナチュラルファームは、以上の農法を採用することによって、自然や生き物たちと調和・共生するような農業に取り組んでいます。