*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
小カブと油揚げの煮浸し
IMG_4336.jpg


1.食材としてのカブの楽しさ


IMG_4311.jpg


八ヶ岳ナチュラルファームでは、無農薬・無肥料の自然農法で育てたカブが収穫できるようになりました。



食材としてのカブの良いところは、火の入れ具合によって、食感や食味が変わることです🔥


サッと熱を入れれば、コリッとした食感とアブラナ科特有のかすかな辛みを味わうことができます🍳


しかし、もっと十分に熱を入れると、今にも崩れてしまいそうな、トロッとした食感になり、味もまろやかになります🥘



どちらも美味しいし、その時々の気分によって加熱の具合を調整して、好きな味と食感を楽しめるのが、カブのありがたいところです。


もちろんサラダのような生食もいけますし🥗




2.カブの栄養価


IMG_4309.jpg


カブも、あっさりした味や食感にもかかわらず、野菜の中では栄養価が高く、特に葉っぱの部分が良いです💕



     カブの根   カブの葉

ビタミンA  0 → 2800μg

ビタミンB  4.7倍

ビタミンC  4.3倍

ビタミンE  0 → 3.3mg

カルシウム  10.4倍



カブの葉は、大根の葉と同じように、すぐに黄色く変色してしまうので、あまり食べられていないようですが、上記の比較を見れば、栄養価の観点からは、むしろ根より葉を食べるべきと言えるほどです☘




3.作り方


IMG_4339.jpg


ということで、今回は根も葉も利用した定番の油揚げとの煮浸しを作りました。



材料は、カブ、油揚げ、出汁、醤油、味醂、塩です。



作り方は、鍋に水と出汁・醤油・味醂・塩を入れ、まず適当な大きさに切った油揚げを入れ、その旨みを汁に浸透させます。


次に、カブの根と葉を入れ、好みの加減まで火を入れたら、出来上がり✨




4.終わりに


IMG_4338.jpg


カブは、一説には縄文時代に渡来したと言われているほど、日本人にとって長らく親しまれてきた野菜ですが、現在も全国的によく食べられて、これほど栄養価の高い葉物も珍しいです。


特に葉の部分は、上記2.の栄養価を見ても分かるように、ビタミンACE(エース)やビタミンB、カリウムやカルシウムなどの各種ミネラル、それに食物繊維をバランスよく豊富に含んでいます


ビタミンACEが豊富なので、美肌や美白、エイジングケアに良く、カリウムやカルシウムが豊富なので、むくみや腰痛にもいいです💖



カブ(特に葉っぱ)をたくさん食べて、ビタミンとミネラルを体にたっぷり注入して、まさにカブのような白くてキレイな肌を目指しましょう🌟


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村


食生活・食育ランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

八ヶ岳ナチュラルファーム

Author:八ヶ岳ナチュラルファーム
☘八ヶ岳ナチュラルファームは、無農薬・無肥料の自然農法による美味しい固定種の野菜を作っています。


☘当ファームは、日本列島のほぼ真ん中あたりに位置する八ヶ岳連峰の南麓高原にあり、豊かな自然に恵まれた環境で、農業を営んでいます。


☘自然農法野菜は、無農薬・無肥料で野菜を育てることによって、農薬や肥料に含まれ得る有害物質を取り込まないので、有機オーガニック野菜や減農薬野菜よりも更に安全・安心です。


☘また、あえて無肥料とすることで、もともと畑の土や空気中に含まれている天然の養分・微生物・常在菌の働きや、作物自体が持つ生命力を最大限に引き出すことによって、自然のエネルギーに満ちた美味しい野菜を作っています。


☘さらに、トラクターのような大型機械で耕運しないことで、できるだけ土壌の生態系を保全し、ビニールマルチなど使い捨ての石油化学資源を使わないことで、自然環境に負荷をかけない栽培を心がけています。


☘八ヶ岳ナチュラルファームは、以上の農法を採用することによって、自然や生き物たちと調和・共生するような農業に取り組んでいます。


代表 松本健介

ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる