*All archives* |  *Admin*

2017/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
トマトに含まれる13-oxo-ODAの健康効果
1.八ヶ岳ナチュラルファームのトマト


IMG_5816.jpg
(八ヶ岳ナチュラルファームのミニトマト)


八ヶ岳ナチュラルファームでも、無農薬・無肥料の自然農法で育てているトマトの実がなってきました☘


あとは実が熟して赤くなったら収穫できます🍅


今年は、当ファームでは、ミニトマト、トマトソース用(調理用)のサンマルツァーノ、大玉トマト(スイスの伝統品種)の3種類を栽培しています。


ほとんどの消費者には知られていませんが、「桃太郎トマト」のように、市場に多く出回っているトマトは、大抵そのタネを蒔いても同じ子孫を残せないF1種(交配種)ですが、、


八ヶ岳ナチュラルファームのトマトは、全て固定種です。


したがって、そのタネを蒔けば、翌年には同じ色形のトマトができます(F1種のタネの問題については下記記事を参照)。


交配種の野菜は何が危ないのか


IMG_5819.jpg
(八ヶ岳ナチュラルファームのミニトマト)




2.13-oxo-ODAの健康効果


476f57c83b6ffb78b5c7afc98d0aeb1c_s.jpg


トマトといえば、なんといってもリコピンですが、今回はあまり聞きなれない「13-oxo-ODA」という成分の健康効果について説明します🍅


これは、京都大学やデルモンテなどの共同研究によって明らかになったもので、2012年に発表されました。



すなわち、13-oxo-ODAは、エネルギーの代謝を促進するタンパク質を活性化する働きがあり、


それが脂肪を燃焼させる効果があります✨


したがって、中性脂肪や脂肪肝を改善する作用があり、


肥満に伴うメタボリックシンドロームを予防してくれます🌟



加えて、13-oxo-ODAは血糖値を下げる働きもあります✨



これらは、前回記事で説明したジャガイモのオスモチンと同じような健康効果と言えますね🥔


IMG_5823.jpg
(八ヶ岳ナチュラルファームのミニトマト)




3.終わりに


IMG_5832.jpg
(八ヶ岳ナチュラルファームのサンマルツァーノ)


トマトは、世界で最も生産されている野菜であり、


これは、日本人も含め、世界中の人々がトマトを大好きということに他なりません💖


あの丸くてツヤのある真っ赤な果実は食欲をそそりますし、


生で食べた時の甘さとジューシー感、かすかな酸っぱさが混ざった感じはとても美味しいし、


さらに調理してトマトソースにされた時のあの濃厚な旨味(グルタミン酸)は、どんな料理も魅力的にしてくれます🍅



世界的に抜群の美味しさを誇るイタリア料理やスペイン料理には、トマトは欠かせない食材となっており、


トマトはそれだけ料理を美味しくしてくれる貴重な野菜ということになります🇮🇹🇪🇸



典型的な夏野菜であり、これからにかけても色んなレシピで旬のトマトを味わいたいですね🍅


IMG_5869.jpg
(八ヶ岳ナチュラルファームの大玉トマト)


にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ
にほんブログ村


食生活・食育ランキング
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 食と健康
ジャンル : ヘルス・ダイエット

Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

八ヶ岳ナチュラルファーム

Author:八ヶ岳ナチュラルファーム
☘八ヶ岳ナチュラルファームは、無農薬・無肥料の自然農法による美味しい固定種の野菜を作っています。


☘当ファームは、日本列島のほぼ真ん中あたりに位置する八ヶ岳連峰の南麓高原にあり、豊かな自然に恵まれた環境で、農業を営んでいます。


☘自然農法野菜は、無農薬・無肥料で野菜を育てることによって、農薬や肥料に含まれ得る有害物質を取り込まないので、有機オーガニック野菜や減農薬野菜よりも更に安全・安心です。


☘また、あえて無肥料とすることで、もともと畑の土や空気中に含まれている天然の養分・微生物・常在菌の働きや、作物自体が持つ生命力を最大限に引き出すことによって、自然のエネルギーに満ちた美味しい野菜を作っています。


☘さらに、トラクターのような大型機械で耕運しないことで、できるだけ土壌の生態系を保全し、ビニールマルチなど使い捨ての石油化学資源を使わないことで、自然環境に負荷をかけない栽培を心がけています。


☘八ヶ岳ナチュラルファームは、以上の農法を採用することによって、自然や生き物たちと調和・共生するような農業に取り組んでいます。


代表 松本健介

ブログランキング
最新記事
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる