FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/09
<<08  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  10>>
地球規模の気象極端化と気づき
20180123214948b64.jpg


ウェザーニュース記事:地球規模での気象の極端現象


時事ニュース「昨年の世界平均気温が観測史上2番目の高さを記録」


1.気象の極端化や温暖化と関東の大雪


上記リンクの記事によれば、年頭から、シベリアで気温マイナス69度を記録したり、サハラ砂漠で雪が降ったり、オーストラリアで気温47度以上を記録するなど、


地球規模で気象の極端現象が発生しているということです。


また、NASA(米国航空宇宙局)によれば、2017年の世界平均気温は過去2番目の高さだっそうで、過去最高は2016年であり、


過去60年の気温上昇は、人間活動に伴って排出される二酸化炭素など温室効果ガスの増加が原因」と分析し、


地球の気温は急激に温暖化が進んでいる」と警告しています。



先日から関東でも、突如として積雪量20センチ以上を超える大雪があり、全国で記録的な寒気が続いていますが、


これまでも何回か記事にしている通り、八ヶ岳ナチュラルファームでは、今後とも地球規模での異常気象のニュースを取り上げていこうと思っています。


なぜなら、今後ますます増えるであろう異常気象が農業や食に強く影響を与えていくことを理解してもらうとともに、


この地球規模での現象によって、人々が気づきを得て、意識や考え方、ライフスタイルを変革していってほしいと考えているからです。



23日正午時点の道路交通情報のマップを見て思うのは、今回の大雪により、東京を中心とした地域だけが通行止めになっているということです。


これは単に東京が大雪に慣れていないからというだけでなく、日本の機能が集中している東京の人々に特に考えてほしいことがあるからではないかという気がします。



2.地球の異常気象や温暖化の背景


これは、当ページ左欄上部カテゴリの「八ヶ岳ナチュラルファームの概要」でも書いている通りです。


つまり、近年の地球の気象極端化や温暖化は、他の動物や植物が原因なのではもちろんなく、上記リンク記事でNASAも指摘しているように、人間の存在が原因なのであり、


石油資源の過剰な採掘・燃焼による温室効果ガスの大量排出を含め、物理的に自然環境を過剰に破壊・汚染し、資源を過剰に搾取・使用し、


かつ精神的にもネガティブな想念を過剰に解き放っているという人間の生き方が引き起こしているということです。



人間が自然のバランスを崩した結果、アンバランスな状態が異常気象となって顕在化してきたり、


地球がバランスを回復させたり自然を浄化したりするために、このような現象が起こってきていると考えられます。



さらにもう一つ、ここから述べることについては、魂の次元が高くないと理解が難しく、信じる信じないは自由なのですが、


率直に言うと、このように地球にダメージを与え続ける人間たちの数を減らすために、地球が徐々に天変地異や異常気象を引き起こすという側面もあります。


地球は、これまで全ての人間を愛おしみ、人間がやがては進化・成長してくれるのを辛抱強く支えながら待ち、地球に対する人間による所業やダメージを耐え忍んできたものの、


人間の方はといえば、このような地球の想いに気づくことなく、一向に変わろうとすることもありませんでした。


その結果、先月のブログ記事でも書いたことなのですが、地球はもう弱り切ってしまい、末期的な状態だったところに、


ある卓越した存在が癒しと諭しを与え、人間を甘やかすことだけが愛情ではないことを地球は学び、


(究極的には人間は死んでもまた輪廻転生できるのだから)人間が変わってくれるためには勇気と真の愛情を持って厳しく接することも必要であることを理解したということです。



3.生き方や考え方の変革


しかし、これは地球が人間に恐れを与えたいがためではなく、あくまで人間に気づきをもたらすため徐々にやっていくということであり、


私たちがその気づきを得てすることは、異常気象や温暖化の原因となっているような、


自然を過剰に破壊・汚染することを止め、資源を過剰に搾取・使用することを止め、ネガティブな想念を過剰に放つことを止めて、


これまでの生き方や考え方を改め、逆に自然や地球を保護・回復させる生き方やポジティブな想念を放つ考え方を広めていくことです。



まず、これまでの人間の生き方や考え方ではもうダメなのだということをはっきり認識し、


今までの人間の所業が積み重なって、地球規模での気象の異常化・極端化が発生してきているという原因と結果の法則を理解し、


これからは、自然や他の生き物たちと調和・共生するようなライフスタイルに切り替えていくという変革を始めることです。



4.農業や食との関係


農業や食についていえば、自然環境にダメージを与える農薬や化学肥料で作られた作物の生産と消費の双方を減らしたり、


土壌の生態系を大きく壊すようなトラクターなど大型機械による耕運や、使い捨ての石油化学資源であるビニールマルチなどの使用を減らしたり、


動物を必要以上に殺す肉食を減らしたりといったようなことが考えられます。



特に農薬や化学肥料については、それによって作られた野菜や米などを食べる人間に影響があるばかりではなく、


自然環境にもっと大きな悪い影響を及ぼしていることを理解する必要があります。



農薬については、それがミツバチやチョウなど小動物ばかりでなく、計り知れない数の微生物や細菌を殺しているということは分かると思います。


一方、化学肥料については、別に自然の生き物を殺すわけではないからいいのではないかと思うかもしれませんが、


ある特定種類の化学物質のみで構成されるケミカルな肥料が農地に散布され続けることによって、


微生物や細菌といった目に見えないくらい小さな生き物たちの生態系バランスが崩れ、これを壊してしまうというところまで理解する必要があります。



先月往訪した八ヶ岳西麓に在住する農業の師匠は、周辺の農地やゴルフ場などから雨によって河川を通じて流れ込む農薬や化学肥料という毒が原因で、ヒシの繁茂など諏訪湖の汚染がなくならないと仰っておられました。


農業の師匠は、微生物のバランスを崩すものは全て毒として作用すると指摘し、


有機肥料であってもそれが微生物への配慮を欠いている場合は、自然の循環を破壊する毒となり、


ましてや化学肥料などは毒以外の何ものでもない、その証拠に化学肥料は撒いても撒いても土地が痩せてくるではないか
と喝破しておられました。



人間の体でも、皮膚の常在菌や腸内の善玉菌といった目に見えないほどの小さな生き物たちのバランスが崩れたり死滅したりすると、健康を害することは理解できると思います。


同じように、農地に撒かれる農薬や化学肥料は、周辺の土壌ばかりでなく、雨によって河川や湖のような他の場所にまで広がっていき、


無数の微生物や細菌を殺したり、生態系バランスを崩したりしながら、自然を汚染していくということになるのです。


したがって、農薬や化学肥料で作られた食べ物を減らすことは、自然環境の回復と保護に役立つことになります。



5.愛と感謝の想念


また、精神的にも今の人間たちには、不安や恐れ、妬みや恨み、悲しみや怒りといったネガテイブな想念が多すぎるようなので、光と闇の統合の観点から、両者のバランスをとる必要があります。


そのためには、例えば愛や感謝などポジティブな想念をもっと放つような生き方や考え方をしていくということです。



食についていえば、自分や家族など大切な人々のために、愛情をもって食材を料理し、それを作って与えてくれた自然や地球に感謝して食べるようにすれば、愛と感謝の念は広がっていくでしょう。


この観点から、八ヶ岳ナチュラルファームは、愛と感謝のある食生活を広めていきたいと考えているし、


当ファームが育てた無農薬・無肥料の固定種野菜も、そのような目的のために役立てたいと思っています。


また、他の食べ物についても同様に、愛と感謝をもっていただいてほしいと思います。





✨自然と地球に愛と感謝✨



・八ヶ岳ナチュラルファーム☘無農薬・無肥料の自然農法による固定種野菜の宅配

・Yatsugatake Natural Farm offers Home Delivery Service of Natural Farming Vegetables☘Pesticides-free, GMO-Free, Healthier in Quality and Better in Taste than Organic Vegetables in Japan
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーガニック、菜食、マクロビ
ジャンル : グルメ

Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

八ヶ岳ナチュラルファーム

Author:八ヶ岳ナチュラルファーム
☘八ヶ岳ナチュラルファームは、無農薬・無肥料の自然農法による固定種の野菜を作っています。


☘当ファームは、日本列島のほぼ真ん中あたりに位置する八ヶ岳連峰の南麓高原にあり、豊かな自然に恵まれた環境で農業を営んでいます。


☘自然農法の野菜は、無農薬・無肥料で作物を育てることによって、農薬や化学・有機肥料に含まれ得る有害物質を取り込まないので、有機オーガニック野菜や普通の無農薬野菜よりも更に安全・安心です。


☘また、あえて無肥料とすることで、もともと畑の土や空気中に含まれている天然の養分・微生物・常在菌の働きや、作物自体が持つ生命力を最大限に引き出すことによって、自然本来のエネルギーに満ちた、苦味やエグみのない滋味豊かな野菜を作っています。


☘さらに、自然栽培と異なり、トラクターのような大型機械で畑を耕運しないことで、できるだけ土壌の生態系を保全し、畝を覆うビニール掛け(ビニールマルチ)やキュウリ・インゲン等つる野菜用プラスチックネットのような使い捨ての石油化学資源を使わないことで、より自然に優しく環境に負荷をかけない栽培を心がけています。


☘なお、当ファームの野菜は、全て固定種・在来種であり、日本全国や世界各地の伝統品種・ブランド野菜を厳選して、栽培しています。


☘八ヶ岳ナチュラルファームは、以上の農法を採用することによって、自然や生き物たちと調和・共生するような農業に取り組んでいます。

最新コメント
最新記事
ブログランキング