FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
ピーマン(今日の無農薬・無肥料の自然農法による固定種野菜)
IMG_3377.jpg


今日の野菜は、ピーマンです。


無農薬・無肥料の自然農法で育てている固定種の果菜類です。



IMG_3381.jpg


スーパーなどで売られているピーマンは、現在ほぼ全てがF1種ですが、


このピーマンは固定種であり、露地に直接播種し、無肥料で育てているので、実をつけるまで時間がかかっています。



IMG_3374.jpg


夏野菜のうち、既に収穫・出荷しているのはサヤインゲン、最近収穫でき始めたのがキュウリ、


その次にはトマトやズッキーニ、その後くらいにピーマンが採れてくると思います。


長期間にわたって、高い温度と十分な水分と豊富な養分を多量に必要とするナスは、最後になる見込みです。



IMG_3373.jpg


先日、台風12号により大雨が降りましたが、八ヶ岳高原では予想よりも天気が荒れず、久しぶりの雨で野菜たちは潤ったと思います。


これで少しでも夏野菜の育ちが早くなり、SサイズやMサイズの野菜セットの宅配が早く再開できればありがたいです。



また、この雨を見越して、直前には、小松菜、赤カブ、わさび菜、キャベツ、レタス、春菊、山東白菜、ダイコン、タマネギを畑に播種しておきました。


まだ少し時期が早いかもしれませんが、今後8月になると台風が頻繁に来るようになり、


おかげで畑の作業が滞りがちになってしまう可能性があり、また近く所用で海外に行く必要もあるので、


今夏は少し前倒しして作業をして行こうと考えています。



前々から予想していた通り、日本では最近の豪雨や猛暑のために野菜の高騰が始まってきており、死亡者も多数出るなど人的被害も発生してきています。


また、世界的にも、今年は北半球が全体的にかつてない熱波に見舞われていますが、


世界気象機関(WMO)は温室効果ガスの排出が引きこす気候変動が原因としています。



日本国内では、最近の気象の極端化や気候の温暖化をいまだに一時的だと捉え、


後付けの説明として気圧や前線の配置がどうのこうのという、単なる経過的な自然現象としてしか考えられていませんが、


これは日本人の意識レベルが全体として未だに低いレベルに留まっているからでしょう。



世界的には、近年の異常気象が温室効果ガスの排出を大きな原因の一つであると認識できており、


つまりは人間の活動が原因となって地球環境が異常な状況を呈してきているという意識を持つに至っています。



石油化学資源であるプラスチックに対する取り組みについても、


EUを中心とするヨーロッパは、国家と産業界が協力して、2030年までに全てのプラスチックを再利用や回収可能なものにするというG7サミットにおける「海洋プラスチック憲章」に賛同したり(日本と米国は拒否)、


スターバックスやマクドナルドなどグローバル企業は、プラスチック製ストローの廃止を表明するなどしており、


プラスチック廃棄物に対する自然環境や生態系への汚染の深刻度を理解し、それが巡り巡って人間の生活環境へもネガティブな影響を及ぼすことを認識できています。



日本人は、自分たちの中だけで、国は安全で清潔であり、人々は誠実で真面目であり、世界的にみて意識の高い国民だと考えているフシがありますが、


その実態は、環境や食、農業の問題をとってみても、先進国の中で最低レベル、農薬使用量など農業における問題だけみれば、発展途上国を含む全世界で最低レベルにあると考えられます。



瑣末的な技術開発や表面的な見た目の良さに凝って、その内実や実質が見えていないし、


また、部分ばかりを気にして大局や全体も捉えられていない、短期的にしのぐことができれば長期的にもたらす影響は見ないし、それを考える余裕も意識もないというように見受けられます。



政治や経済といった表向きの分野で日本が世界をリードする権力や道義的力はとうの昔にありませんが、


地球環境や人間の生き方・考え方など、今後人類の文明・文化が存続・発展し、人間の意識や魂の成長・進化に関わる分野というもっと大切な問題で、


人々が現在のような盲目的で無明の状態から、これからも激しくなっていくであろう水や火、大地による浄化などに淘汰されていくのではなく、逆に気づきを得て、目醒めていってほしいと思います。


✨野菜と自然に愛と感謝✨


IMG_3370.jpg



・八ヶ岳ナチュラルファーム☘無農薬・無肥料の自然農法で育てた固定種野菜の宅配

・Yatsugatake Natural Farm offers Home Delivery Service of Natural Farming Vegetables☘Pesticides-Free, Chemical-Free, Fertilizer-Free, GMO-Free, Healthier in Quality and Better in Taste than Organic Vegetables in Japan(click "English site" of the categories at the upper left).
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : オーガニック、菜食、マクロビ
ジャンル : グルメ

Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

八ヶ岳ナチュラルファーム

Author:八ヶ岳ナチュラルファーム
☘八ヶ岳ナチュラルファームは、無農薬・無肥料の自然農法(自然栽培)による固定種の野菜を作っています。


☘当ファームは、日本列島のほぼ真ん中あたりに位置する八ヶ岳連峰の南麓高原にあり、豊かな自然に恵まれた環境で農業を営んでいます。


☘自然農法の野菜は、無農薬・無肥料で作物を育てることによって、農薬や化学肥料・有機肥料に含まれ得る有害物質を取り込まないので、有機オーガニック野菜や通常の無農薬野菜よりも更に安全・安心です。


☘また、あえて無肥料とすることで、もともと畑の土や空気中に含まれている天然の養分・微生物・常在菌の働きや、作物自体が持つ生命力を最大限に引き出すことによって、自然本来のエネルギーに満ちた、苦味やエグ味のない滋味豊かな野菜を作っています。


☘さらに、通常の自然栽培と異なり、トラクターのような大型機械で畑を耕運しないことで、できるだけ土壌の生態系を保全したり、キュウリ・インゲン等つる野菜用の使い捨てプラスチックネットを使わないなど、より自然に優しく環境に負荷をかけない栽培を心がけています。


☘なお、当ファームの野菜は、その種子を蒔いて育てても次世代に同じ色形の子孫を残せないF1種(交配種)ではなく、全て固定種・在来種を採用しており、日本全国や世界各地の伝統品種・ブランド野菜を厳選して、栽培しています。


☘八ヶ岳ナチュラルファームは、以上の農法を採用することによって、自然や生き物たちと調和・共生するような農業に取り組んでいます。