FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
キュウリ(今日の無農薬・無肥料による固定種野菜)
IMG_4780.jpg


今日の野菜は、キュウリです。


無農薬・無肥料の自然農法で育てた固定種の果菜類です。



IMG_4783.jpg


キュウリは、7月くらいから実が成り始め、10月中旬くらいまで実ってくれました。


生産量はまだまだですが、今年の夏野菜の中で最も収穫期間が長かった野菜でした。



IMG_4779.jpg


トマトもズッキーニもオクラも遅くまで成ってくれましたが、キュウリほど早くから実っていたわけではなく、いずれも収穫は8月以降でした。


今年までは、いずれの野菜も、まだ気温の低い5月に畑の露地に種蒔きし、そこから長い時間をかけて育てていたので、収穫までにかなりの時間を要しましたが、


来年からは、いずれの夏野菜も、春先からハウス内で無肥料で育苗した上で畑に定植する予定なので、


例年と比べて、およそ1ヶ月くらい早くから収穫・出荷できる予定です。



IMG_4771.jpg


八ヶ岳ナチュラルファームのこれまでの課題の一つに、夏野菜の供給をもっと増やすというのがあり、この問題のために今年も時々野菜セットを休止してきたので、


今後はそのようなことにならないよう6月以降は野菜を切らさないような体制と栽培法を採ることによって、品質と満足度を向上させていきたいと考えています。



IMG_4774.jpg


先日から、畑では岩手緑豆が完熟・乾燥してきているので、少しずつ収穫を始めています。


先月上旬くらいまでは、その枝豆が採れていたばかりなのに、同月下旬にはもう完熟が始まっていて、その生長の早さに少し驚いていました。


おそらく11月から12月にかけては、野菜の宅配の収穫・発送以外は、主にこの豆類を収穫する作業で占められそうな気がしています。


まずこの岩手緑豆ですが、そのうち京都の伝統品種である丹波大納言小豆と丹波黒大豆の収穫も始まります。


特に、岩手緑豆は、放っておくと、すぐに脱粒し始めるので、急いで収穫していかないといけません。


丹波大納言小豆と丹波黒豆は、あまり脱粒しないので、12月から翌年にかけて、のんびり収穫していけばいいかなと思っています。


しかし、これら小豆と黒豆も、早く欲しいお客様もいると思うので、その分は12月中に販売できればと考えています。


✨野菜と自然に愛と感謝✨


IMG_4773.jpg



・八ヶ岳ナチュラルファーム☘無農薬・無肥料の自然農法で育てた固定種野菜の宅配・通販

・Yatsugatake Natural Farm offers Home Delivery Service of Natural Farming Vegetables☘Pesticides-Free, Chemical-Free, Fertilizer-Free, GMO-Free, Healthier in Quality and Better in Taste than Organic Vegetables in Japan(click "English site" of the categories at the upper left).
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : オーガニック、菜食、マクロビ
ジャンル : グルメ

Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

八ヶ岳ナチュラルファーム

Author:八ヶ岳ナチュラルファーム
☘八ヶ岳ナチュラルファームは、無農薬・無肥料の自然農法(自然栽培)による固定種の野菜を作っています。


☘当ファームは、日本列島のほぼ真ん中あたりに位置する八ヶ岳連峰の南麓高原にあり、豊かな自然に恵まれた環境で農業を営んでいます。


☘自然農法の野菜は、無農薬・無肥料で作物を育てることによって、農薬や化学肥料・有機肥料に含まれ得る有害物質を取り込まないので、有機オーガニック野菜や通常の無農薬野菜よりも更に安全・安心です。


☘また、あえて無肥料とすることで、もともと畑の土や空気中に含まれている天然の養分・微生物・常在菌の働きや、作物自体が持つ生命力を最大限に引き出すことによって、自然本来のエネルギーに満ちた、苦味やエグ味のない滋味豊かな野菜を作っています。


☘さらに、通常の自然栽培と異なり、トラクターのような大型機械で畑を耕運しないことで、できるだけ土壌の生態系を保全したり、キュウリ・インゲン等つる野菜用の使い捨てプラスチックネットを使わないなど、より自然に優しく環境に負荷をかけない栽培を心がけています。


☘なお、当ファームの野菜は、その種子を蒔いて育てても次世代に同じ色形の子孫を残せないF1種(交配種)ではなく、全て固定種・在来種を採用しており、日本全国や世界各地の伝統品種・ブランド野菜を厳選して、栽培しています。


☘八ヶ岳ナチュラルファームは、以上の農法を採用することによって、自然や生き物たちと調和・共生するような農業に取り組んでいます。