FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2018/12
<<11 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  01>>
ネギ(今日の無農薬・無肥料による固定種野菜)
IMG_5409.jpg


今日の野菜は、ネギです。


無農薬・無肥料の自然農法で育てている固定種の葉茎菜類です。


このネギは、京都の伝統野菜である九条ネギです。


関西のネギなので、緑の部分がほとんどであり、白い部分はほぼありません。



IMG_5408.jpg


自分はもともと中部地方の生まれであり、どちらかというとネギというものは、(関西の)青ネギというイメージがあります。


したがって、八ヶ岳ナチュラルファームも、青ネギである九条ネギを基本的に栽培していきたいと考えていますが、


他方で、学生時代から社会人までの間、関東の東京や神奈川で長らく生活していたので、白ネギにも馴染んでいます。


関東は白ネギが基本ですが、ネギの白い部分は、特に下仁田ネギなど、煮込むと柔らかくトロリとしてきて、あの食感にはたまらないものがあります。



IMG_5399.jpg


また、ネギは、農薬と化学肥料でできたものは、独特の苦味とエグ味があります。


したがって、このようなネギの場合、特に生で小口切りにして、蕎麦やうどんのつゆに入れたりしても、あまり美味しくはありません。



IMG_5407.jpg


さて、八ヶ岳ナチュラルファームの畑では、先日から急に雑草が一斉に枯れてきていますが、これは夜間が既に氷点下になっているからだと考えられます。


しかし、小松菜や春菊、ルッコラや山東菜、ホウレンソウなどの葉物、またニンジンやダイコン、ラディッシュや小カブ、赤カブといった根菜など、作物はまだ枯れてきていません。



IMG_5410.jpg


これら葉物や根菜は、雑草よりも冬の寒さには強いわけですが、しかしこれから徐々にこれら野菜の葉も、氷点下の寒さで黄色くなってくると思われます。



IMG_5401.jpg


また、慣行栽培や有機栽培をやっている周辺の畑では、冬に備えて、もう新たに作物は作られないものの、トラクターで畑を耕しているのを見かけますが、


これは農家たちが、畑は常に雑草がないように耕運されている状態が綺麗であるし、望ましいと考えているからです。



これも、農薬や化学肥料をどれだけ使おうが、野菜の見てくれだけが綺麗であることを追求してきたのと同じような、日本の農家の信仰と言ってもいいような固定観念なのですが、


緑の畑が耕されて、常に土壌が茶色に露出している状態を良しとするような信仰です。



99パーセント以上の農家が、当たり前のようにそのように考えているわけですが、見てくれだけでなく、敢えてその理屈を考えるならば、


雑草がない方が、畑に虫や病気が発生しにくいというのが一つの根拠になっています。



しかし、例えば太陽光線に晒されている人間の肌について考えてみると、肌の表面の体毛を綺麗に削ぎ落とし、天然の油分や常在菌を綺麗に除去してしまっている場合、


その状態のまま、屋外でずっと太陽に当たっていると、紫外線の影響などから、そうでない場合より肌が荒れてくるだろうことは想像に難くないと思われます。



いわば農家は、これと同じことを畑でやっているのであり、自然が体毛のように雑草などを生えさせて、土壌の表面を保護しようとしているのに、


畑をトラクターで耕運・除草することによって、畑の生態系を破壊し、有益な虫やその他の小動物がトラクターにかき回されたり、有益な細菌やバクテリアが紫外線などに晒されることによって死滅し、かえって余計に畑を痩せさせていると考えられます。



放っておけば自然の回復力によって、ある程度はまた畑の土壌は肥えてくるのに、ほとんどの農家は、雑草がないという見た目を重視するあまりに、明けても暮れても畑を耕運し続けるわけです。


この結果、畑における自然が破壊されることによって、生態系のホメオスタシス(生体維持機能)が維持できなくなり、かえってその畑では害虫や病気が発生しやすくなり、結果として、それだけ農薬を投入する量が多くなり、


また自然の破壊により土地も痩せるので、化学肥料や有機肥料を余計に投入しなければならなくなるといったマッチポンプのようなことをやってしまっているわけです。



しかし、日本では、明けても暮れても耕運する農家が全体の99パーセント以上を占めるので、同業の農家たちは誰も疑義を挟まないどころか、


自然の働きに対する自らの無知を棚に上げて、畑における自然環境の保全を根拠としてなるべく耕さないことを良しとする自然農法や自然農の農家に対して、かえって白い目で見たりするという方が当たり前なのが現状です。



幸い、八ヶ岳ナチュラルファームが借りている畑の地主さんの場合は、寛容で優しい方なので、土手の草刈りさえ定期的にしていれば、何も言われることはありません。


しかし、耕運の問題一つを取っても、日本の農業や農家はこのような状態であり、


信仰にも近い彼ら農家の観念を変えていくことは、もう頭が凝り固まっていることもあって、至難の技と言えます。



したがって、八ヶ岳ナチュラルファームの取り組みは、野菜の生産者に対してではなく、まずはこのことを理解できる野菜の消費者の人々に現状を知ってもらい、


消費者にどちらの野菜を食べるのかを選択してもらうことによって、つまり、より自然環境に配慮して栽培された野菜を選んでくれる人々を増やしていくことによって、


人々の食生活や農業の在り方を変えていきたいと考えています。



宇宙の法則・メカニズムの一つに、原因と結果と法則に従って、「与えたものが還ってくる」という原理がありますが、


人間が生きる上で必要な食べ物を生産・消費する時に自然に対してしたことも、また人間に還ってくると考えられます。



自然環境を破壊しながら作られる野菜に宿るものと、自然環境に配慮しながら作られる野菜に宿るものは、それぞれ自ずと異なってくるでしょう。


同じように、自然環境を破壊し続ける文明・文化は、やがて人間自身の生活環境をも脅かすようになるだろうし、


逆に、自然や他の生き物たちと調和・共生するような文明・文化は、人間の生活環境をも持続可能なものとするでしょう。


なぜなら、原因と結果の法則に従って、上記の通り「与えたものが還ってくる」からです。


✨野菜と自然に愛と感謝✨


IMG_5402.jpg






・八ヶ岳ナチュラルファーム☘無農薬・無肥料の自然農法で育てた固定種野菜の宅配・通販(販売ページはPCビュー画面左上のカテゴリ「野菜セットのご注文」参照」)

・Yatsugatake Natural Farm offers Home Delivery Service of Natural Farming Vegetables☘Pesticides-Free, Chemical-Free, Fertilizer-Free, GMO-Free, Healthier in Quality and Better in Taste than Organic Vegetables in Japan(click "English site" of the categories at the upper left).
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーガニック、菜食、マクロビ
ジャンル : グルメ

Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

八ヶ岳ナチュラルファーム

Author:八ヶ岳ナチュラルファーム
☘八ヶ岳ナチュラルファームは、無農薬・無肥料の自然農法による固定種の野菜を作っています。


☘当ファームは、日本列島のほぼ真ん中あたりに位置する八ヶ岳連峰の南麓高原にあり、豊かな自然に恵まれた環境で農業を営んでいます。


☘自然農法の野菜は、無農薬・無肥料で作物を育てることによって、農薬や化学・有機肥料に含まれ得る有害物質を取り込まないので、有機オーガニック野菜や普通の無農薬野菜よりも更に安全・安心です。


☘また、あえて無肥料とすることで、もともと畑の土や空気中に含まれている天然の養分・微生物・常在菌の働きや、作物自体が持つ生命力を最大限に引き出すことによって、自然本来のエネルギーに満ちた、苦味やエグ味のない滋味豊かな野菜を作っています。


☘さらに、通常の自然栽培と異なり、トラクターのような大型機械で畑を耕運しないことで、できるだけ土壌の生態系を保全し、畝を覆うビニール掛け(ビニールマルチ)やキュウリ・インゲン等つる野菜用プラスチックネットのような使い捨ての石油化学資源を使わないことで、より自然に優しく環境に負荷をかけない栽培を心がけています。


☘なお、当ファームの野菜は、全て固定種・在来種であり、日本全国や世界各地の伝統品種・ブランド野菜を厳選して、栽培しています。


☘八ヶ岳ナチュラルファームは、以上の農法を採用することによって、自然や生き物たちと調和・共生するような農業に取り組んでいます。

最新コメント
最新記事