FC2ブログ

*All archives* |  *Admin*

2019/08
<<07  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  09>>
日本郵政のアフラック出資
853194e27906c174ca1ba7bc271536a8_s.jpg


共同通信ニュース


ブルームバーグ記事


読売記事


ダイヤモンド社記事


冒頭記事の通り、日本郵政は、米国保険会社のアフラックに出資する予定です。


これは、日本郵政が米国のがん保険会社の筆頭株主になっていくなんてスゴい、ということではもちろん全くありません。


むしろポイントは、共同通信記事にあるとおり、法律でゆうちょ銀行とかんぽ生命保険の株式を売却することになっているので、新たな収益源が必要になるためというところです。



自分の生命保険会社を売却して、新たに米国の生命保険会社に出資するというのは、いかにも奇妙であり、


収益確保のために外国の保険会社に出資するくらいなら、わざわざ自分の保険会社を売らなければいいのにと思うのが普通でしょう。


その感覚は正常であり、やっていることが本来はおかしいのです。



しかし、郵政民営化から始まって、ゆうちょ銀行やかんぽ生命の株式売却までの道筋は、したたかな米国の圧力で進められてきたことなのだろうから、


日本の政府や与党は今さら阻止することなどできないし、そもそも阻止することが必要とさえ考えることができないくらいに米国流の自由主義経済を教育されてきているので、無駄ということなのだと思います。



ゆうちょ銀行やかんぽ生命の売却は、欧米の勢力にとっては、それら日本の巨大な銀行と生保がまず彼らの勢力拡大にとって長年にわたり目の上のたんこぶであったと考えられ、今回の動きは彼らの入念な計画が実ったことの表れです。


アフラック日本法人のチャールズ・レイク会長は、日本郵政の社外取締役も務めており、布石は目立たない形で着々と進んでいるように思われます。



日本人は、欧米人のように、外国をコントロールしたいなどという欲求がそもそもないし、そのようなスキルも全くないので、


彼らのメンタリティや行動様式は全く分からないし、だからこそ欧米は日本に対しては比較的やりやすい国と言えるでしょう。



ちなみに、これが中国に対してであれば全く別であり、チベットやウイグルやモンゴルなど現在もそうですが、中国人も歴史的に周辺の国々を支配してきており、


欧米と同じような支配に対するメンタリティや行動様式を持っているので、欧米人の考えていることがすぐにバレてしまうため、中国に対する欧米の勢力拡大は、日本のように簡単にはいかないでしょう。



今後は、ゆうちょ銀行やかんぽ生命の株式が売却されれば、欧米の金融勢力がせっせとそれら株式を購入し、主要株主となっていくでしょう。


そうすると、ゆうちょ銀行とかんぽ生命にある日本人の莫大なお金が欧米金融機関の手に入るわけです。


これも企業は社員のものではなくて株主のものという欧米流の考え方を知っておかないと、日本人には理解しづらいことと思われます。


また、銀行や生保にあるお金は、そこにずっと貯蓄され保管されるものではなく、普段は投資に運用されるものであることも理解しておく必要があります。



欧米は、その莫大な投資資金が欲しいということと、


もう一つ更にもっと重要なことは、日本における勢力を「お金」の面でも拡大していきたいということです。



このゆうちょ銀行とかんぽ生命の株式売却により、預貯金や保険料など日本人の「お金」が外国企業のものとなっていくベースができ、


先の種子法廃止と種苗法改正により、日本人の「食料」生産が外国企業のものとなっていくベースができ、


先日の水道法改正により、日本人の「水」が外国企業のものとなっていくベースができたわけです。



日本人の「お金」「食料」「水」という、生きていく上で極めて大切なものについて、つまり国の死活的利益(vital interest)に限って、


政府与党は、国民の利益に反する政策を進めてきたということであり、全くもってどうしようもないというところです。



しかし、このような危機的な出来事のポジティブな側面を敢えて考えるならば、


これは個々の日本人が意識レベルで覚醒していく契機を与えてくれる点にあります。



つまり、このままではダメであるということ、彼らを信じたり任せていても良くはならないということ、


むしろ自分たちの生活や人生は自分たちで守り創っていく必要があるということ、という刺激を強烈に受けることにあります。



今まで日本人を含めた人間というものは、何千年という長い間、自分の外部の組織に頼ってきましたが、


それは自分自身のパワーが不足している、自分ではどうしようもできないから外部の大きな組織のパワーに頼らないといけないという潜在的な認識や意識が元になっていたためです。



しかし、外部の組織に頼っていては自分の生活や人生が脅かされるという出来事が現出・続出してくることによって、


先般からの記事内容の通り、人間は本来自分の中にパワーがあり、本当はそこから全てを創造していくことができるという考えに目醒め、


そういった行動様式にシフトしていくきっかけを与えてくれている出来事であると捉えることができると思います。



今までの国家社会システムの中では、なんとなく国や会社などが守ってくれるという意識が働いてきたと思いますが、


それは言うなれば、本来の自分のパワーを忘れたり無視しながら、外部の組織に自分のパワーを預けてきたシステムであり、


それは個人としての自分にはパワーがないという認識がベースとなっている社会であったと思います。



しかし今後、次元や波動が上昇していくにつれて、意識レベルの高まった社会では、自分の外部に存在する組織に頼るのではなく、


自分の内部にある創造性に目覚めて、自分を拠り所として、個々人が自立してより自由になり、自分が望む世界を周りの環境に創っていくという社会になっていくことになります。



現在の日本の政治、世界の政治のどうしようもない出来事というのは、そのような新しい高次元の意識にシフトしていく契機を与えるものとして作用しているし、


一見ネガティブに見えるような出来事も、そのように捉えて活用していくことができるということです。



したがって、これからも日本や世界において、どうしようもない出来事は起こってくるかもしれませんが、


そのような場合には、今までの意識や考え方ではもうダメなんだと、外部を頼りにしてきた今までの人間の在り方というものを根本的に変革する時が来ているのだと悟って、自分自身を変えていくきっかけにするといいと思います。



もちろん、これまで何千年も続いてきた日本や世界の現状のような環境に浸って、悲観しながらもそれら外部を拠り所として飲まれていくような、ネガティブに生きていくことも可能であり、


そのような波動や次元の低い世界を引き続き選択していく人々もいると思います。



しかし、波動や次元の高い世界を引き寄せていくには、そのような在り方はもう手放していく必要があり、


今後は軸を自分の外部から内部に移していくということが大切になってくるでしょう。


✨愛と調和、感謝と気づき、ありのまま・あるがまま✨



・八ヶ岳ナチュラルファーム☘無農薬・無肥料の自然農法で育てた固定種野菜の宅配・通販(販売ページはPCビュー画面左上のカテゴリ「野菜セットのご注文」参照」)

・Yatsugatake Natural Farm offers Home Delivery Service of Natural Farming Vegetables☘Pesticides-Free, Chemical-Free, Fertilizer-Free, GMO-Free, Healthier in Quality and Better in Taste than Organic Vegetables in Japan(click "English site" of the categories at the upper left).
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : オーガニック、菜食、マクロビ
ジャンル : グルメ

Secret
(非公開コメント受付中)

カテゴリ
検索フォーム
プロフィール

八ヶ岳ナチュラルファーム

Author:八ヶ岳ナチュラルファーム
☘八ヶ岳ナチュラルファームは、無農薬・無肥料の自然農法(自然栽培)による固定種の野菜を作っています。


☘当ファームは、日本列島のほぼ真ん中あたりに位置する八ヶ岳連峰の南麓高原にあり、豊かな自然に恵まれた環境で農業を営んでいます。


☘自然農法の野菜は、無農薬・無肥料で作物を育てることによって、農薬や化学肥料・有機肥料に含まれ得る有害物質を取り込まないので、有機オーガニック野菜や通常の無農薬野菜よりも更に安全・安心です。


☘また、あえて無肥料とすることで、もともと畑の土や空気中に含まれている天然の養分・微生物・常在菌の働きや、作物自体が持つ生命力を最大限に引き出すことによって、自然本来のエネルギーに満ちた、苦味やエグ味のない滋味豊かな野菜を作っています。


☘さらに、通常の自然栽培と異なり、トラクターのような大型機械で畑を耕運しないことで、できるだけ土壌の生態系を保全したり、キュウリ・インゲン等つる野菜用の使い捨てプラスチックネットを使わないなど、より自然に優しく環境に負荷をかけない栽培を心がけています。


☘なお、当ファームの野菜は、その種子を蒔いて育てても次世代に同じ色形の子孫を残せないF1種(交配種)ではなく、全て固定種・在来種を採用しており、日本全国や世界各地の伝統品種・ブランド野菜を厳選して、栽培しています。


☘八ヶ岳ナチュラルファームは、以上の農法を採用することによって、自然や生き物たちと調和・共生するような農業に取り組んでいます。